2009年 3月15日号 第2852号
このひと
社団法人日本農業法人協会 専務理事
紺野 和成 氏

 経済不況が深刻化し雇用情勢が悪化する中、農山漁村の現場での雇用が注目され、国においても雇用創出と定着化に向けた取り組みが始まっている。特に、農業分野での雇用は、企業的経営を営む農業法人への期待が高まっている。農業法人は、これをどのように受け止め対応していこうとしているのか。日本農業法人協会の紺野専務理事に、雇用の現状や課題を聞いた。  <続きを読む>

特集 20年度JAバンク住宅ローン推進担当者大会
         全国情勢報告=JAバンク事業商品部
         主催者挨拶 ローン推進の牽引役に=鳥井一美常務

特集 「家の光」創刊1000号を迎えて
         「食と農」「暮らし」「協同」「家族」を柱に
         佐野裕編集長(談)他 各担当デスクからのメッセージ
         「家の光」創刊1000号への歩み年表

特集 農産物検査の現状と課題=滋賀県JA甲賀郡では
         約3割の独自ブランド直販、人材育成へ農政事務所OBが指導
         (福澤組合長、藤井営農経済部長 青木施設課長)

特集 系統BB肥料事業30周年
         これからのBB肥料の役割 日本の低コスト農業に貢献
          くみあい粒状配合肥料研究会 江頭 一典会長に聞く
         系統ならではの力生かす取り組み
          全農 肥料農薬部 山ア周二部長(談)

シリーズ 担い手を支える新しい技術
         秋まきソバ新品種「さちいずみ」農研機構 九州沖縄農業研究センター
         バイオマス・資源作物開発チーム長 手塚 隆久氏

NEWS
列島あぐり 群馬、栃木、埼玉、神奈川、和歌山
10DAYSニュース 3月1〜10日までの主な出来事
今 号 の 主 な 内 容