2009年 1月25日号 第2846号
このひと
畜産・飼料調査所 主宰
阿部 亮 氏

 自給率向上政策の一環として、また輸入飼料穀物の高騰対策等を背景に、エコフィード(食品循環資源利用飼料)が注目されている。国は認証制度を設けこの取り組みと普及に力を入れていくことにしている。農水省飼料問題懇談会の座長を務め、かねてからエコフィードの試験研究・普及に取り組んでいる畜産・飼料調査所の阿部亮氏に、エコフィードの現状と課題を聞いた。  <続きを読む>

特集 「保険法」制定とJA共済の取り組み

シリーズ 全農グループの販売戦略3 食鳥販売事業
         全農の展開、全農チキンフーズの取り組み

解説 水稲初期防除のポイント
         JA全農 肥料農薬部

シリーズ 担い手を支える新しい技術
         携帯型GPSによる農作業履歴の自動収集
         農研機構・中央農研 関東東海水田輪作研究チーム 松尾和之氏

シリーズ 農水省21年度予算の新規事業
         食料自給力・率向上へ 戦略作物の生産拡大支援

NEWS
技術情報農作業軽減へパワーアシストスーツ(東京農工大大学院)/4病害複合抵抗性などイチゴ新品種(九州沖縄農業研究センター)/九州地域向け中生のそば新品種育成(九州沖縄農業研究センター)/飼料イネ「べこごのみ」東北中北部で湛直可能に(東北農業研究センター)
あぐりデータ11月 農協事業・農協実績/農産物動態(畜産)/農業生産資材動向/外食産業市場動向
10DAYSニュース(12月20日〜1月20日迄のおもな出来事)
今 号 の 主 な 内 容