農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  190号(2014年3月) 主な内容

巻頭インタビュー
  • 需要に応じた米生産と公平性、信頼性のある農産物検査の実施を
     日本米穀小売商業組合連合会 理事長 長谷部喜通

解説
  • 農産物検査に関する事務・権限の地方移譲について
     農林水産省生産局 穀物課
  • 飼料用米生産をめぐる情勢と今後の課題 ─飼料用米についての解説
     農林水産省生産局 穀物課水田農業対策室 土地利用型農業推進班
  • 「平成26 年産米の作付等に関する方針」について
     農林水産省生産局 農産部 穀物課
  • 26年産民間流通麦の入札に関する概要
     一般社団法人 全国米麦改良協会
  • そばに係る制度見直しに対する農産物検査に係る対応等
     農林水産省 生産局 穀物課

作文紹介
  • 第38回 ごはん・お米とわたし 作文・図画コンクール 作文部門 内閣総理大臣賞
     宮崎県日之影町立宮水小学校六年 橋本将憲「一つぶの重さ」

JAトップに聞く
  • 岐阜県 JAぎふ 代表理事組合長 櫻井宏

JAグループ農産物検査協議会活動
  • 第11回JA グループ全国農産物鑑定会
     ―全国36府県から76名が参加 大会史上最多の満点者6 名を表彰
     全国JA 農産物検査協議会事務局
  • JAグループ指導的検査員養成研修会を開催
     ―25年度は全国で39 府県147名が受講
     全国JA農産物検査協議会事務局
  • JAグループ指導的検査員養成研修会に参加して
     ―25年度は全国で39 府県147名が受講
     新潟県 JA豊栄 営農経済部営農課 課長 小林泰宏
     静岡県 JA御殿場 北郷支店 主任 山口文教
     愛媛県 JA愛媛たいき 営農部園芸農産課 坂本啓
     新潟県 JA豊栄 営農経済部営農課 課長 小林泰宏

穀検コーナー
  • 平成25年産米の食味ランキング(平成26年2月13日 一般財団法人日本穀物検定協会公表)
     一般財団法人 日本穀物検定協会

全集連コーナー
  • 第8回全集連全国農産物鑑定競技会の結果
     全国検査流通連絡協議会事務局:全国主食集荷協同組合連合会 業務部企画調整課
  • 秋田県の農産物検査の現状と課題
     秋田県主食集荷商業協同組合 事業部事業課長 安保智昭
  • 3名の農産物検査員
     山本郡三種町 児玉信長商店 児玉信長
  • 民間検査員になって
     山本郡三種町 児玉信長商店 小玉勝紀
  • 農産物検査員の雑感
     男鹿市船越 鈴木金七商店(株) 鈴木裕一

検査実務講座
  • [シリーズ1]国内産農産物検査員育成研修の要点
     第5回 玄米検査手順対比表
      一般財団法人 全国瑞穂食糧検査協会
  • [シリーズ2]農産物検査の理論と技術
     第4回 農産物検査Q&A
      一般財団法人 全国瑞穂食糧検査協会

業界だより
  • お米「保管にご注意マーク」(ステッカー)の紹介
     一般社団法人 日本精米工業会 総務部長 安藤智之

研究情報
  • ちゃんぽん麺用小麦「長崎W2号」の開発 ─新しいちゃんぽんの歴史が始まります
     長崎県農林技術開発センター 農産園芸研究部門 作物研究室 土谷大輔
     農研機構 九州沖縄農業研究センター 小麦・大麦育種グループ 中村和弘

資料・データ
  • 平成25年産米の検査概況(平成26年1月31日現在)
     農林水産省 生産局 穀物課 農産物検査班
  • 平成25年産そばの作付面積及び収穫量
     農林水産省 大臣官房統計部

話題
  • 25年度全国麦作共励会で麦作優良経営体を表彰
  • 「日本の麦の底力〜こだわりのうまみ、素材のつよみ」
  • FOODEX JAPAN2014で「米粉パビリオン」を展開

グラビア
  • JAグループ鑑定会で満点者6人誕生 全集連は8回目の鑑定競技会を開催
  • ごはん・お米とわたし(作文・図画コンクール)


日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666