農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  187号(2013年6月) 主な内容

巻頭言
  • 箱苗と田植機―振り返ることの意味
     名古屋大学大学院 生命農学研究科 教授 生源寺眞一

特集
  • 農産物検査に関する基本要領の一部改正の概要
     農林水産省 生産局穀物課 農産物検査班

解説
  • 平成25年度麦の需給に関する見通し
     農林水産省 貿易業務課 麦類需給班
  • 平成25年産農産物の産地品種銘柄
     農林水産省 生産局穀物課 農産物検査班

JAトップに聞く
  • 熊本県 JA阿蘇 代表理事組合長 工藤保雄

全集連コーナー
  • 全集連の今年度検査関連業務の概要
     全国主食集荷協同組合連合会 業務部 企画調整課

鑑定(競技)会受賞者の喜びの声
  • JAグループ・全集連鑑定(競技)会の受賞者の喜びの声と「私の鑑定技能向上策」など
     第10回JAグループ全国農産物鑑定会受賞者
      徳島県 JAあなん 鷲敷支店 支店長 秋本孝志
      鹿児島県 JAあいら 経済部 茶業センター課 係長 寺園誠
      新潟県 JA新潟みらい 亀田支店 営農経済課 営農指導員 横山忍
      埼玉県JA 埼玉ひびきの 本庄営農経済センター 杉和浩
      鹿児島県 JAあおぞら 園芸農産課 営農指導員 北原慎二
     第7回全集連全国農産物鑑定競技会受賞者
      福島県米麦事業協同組合 南相馬市 福島浜通米穀 西内弘明
      大分県食糧集荷協同組合 理事長 国東市 松尾弘之商店代表 松尾泰二
      岡山県主食集荷商業協同組合 倉敷米肥 取締役 杉本忠
      新潟県主食集荷商業協同組合 津南町椛蜊繪ョ商店 福原浩太郎
      静岡県主食集荷商業協同組合 袋井市 豊田肥料(株) 久保田智一

研究情報
  • 「コシヒカリLAMP判別キット」による1時間でできる品種検査
     農研機構 食品総合研究所 食品素材科学研究領域 研究員 岸根雅宏

検査実務講座
  • [シリーズ1]国内産農産物検査員育成研修の要点
     第2回 農産物検査法関係講義メモ
      一般財団法人 全国瑞穂食糧検査協会
  • [シリーズ2]農産物検査の理論と技術
     第1回 玄米の種類等
      一般財団法人 全国瑞穂食糧検査協会

随想
  • 米の形質とは
     (一財)全国瑞穂食糧検査協会 前常務理事 穴井貞義

話題
  • <トピックス>
     「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案 =2013 国際食品工業展=(FOOMA JAPAN2013)
  • <技術関連情報>
     イネの病害抵抗性の仕組みを解明=生物研 「安定して病気に強いイネ」の開発へ前進
     だったんそば開発=北海道農研 畑作北限地域でも栽培可能
     24年度農林水産省「農林認定品種」の紹介

資料・データ
  • 平成24 年度そばの検査実績(確定値)
     農林水産省 生産局穀物課 農産物検査班
  • 平成24 年度大豆の検査結果(平成25年3月31日現在)
     農林水産省 生産局穀物課 農産物検査班
  • 平成24年度登録検査機関の登録状況(国内産農産物)(平成25 年3月末日現在)

グラビア
  • 米穀、豆類、麦類、そばの検査標準品決定
     ─平成25年度検査標準品全国査定会を開催─
  • FOOMA JAPAN2013 =2013国際食品工業展=


日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666