農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  185号(2012年12月) 主な内容

巻頭言
  • 今、米の検査 集荷 農業は?
     全国主食集荷協同組合連合会 会長 蜩c聰

特集
  • 米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針(平成24年11月 農林水産省)
     農林水産省生産局 農産部 農産企画課

解説
  • 平成24年産水稲うるち玄米の検査概況(平成24年10月31日現在)
     農林水産省生産局 穀物課 農産物検査班
  • 平成24年産水陸稲の収穫量
     ─水稲の10a当たり収量は540s(作況指数102)、収穫量(子実用)は851万9,000t
     農林水産省 大臣官房 統計部 生産流通消費統計課
  • 「備蓄米・加工用米の確保等について」のポイント
     農林水産省生産局 農産部 農産企画課
  • 平成24年産米の放射性物質検査の進捗状況(12月5日現在)
     農林水産省生産局 農産部 穀物課

JAトップに聞く
  • 福岡県 JA福岡豊築 代表理事組合長 蛭ア正コ

地域・現場からの声
  • 6道県検査機関における平成24 年産米の検査概況
     北海道(北海道米麦改良協会) 検査部技監 内海範雄
     青森県(JA全農あおもり) 米穀部 米穀総合課 葛西光廣
     栃木県(JAグループ農産物検査協会) 全農栃木県本部米麦部米麦総合課 検査協会 塩谷岩夫
     広島県(JA全農広島) 米穀・直販部 米穀総合課
     佐賀県(佐賀県農業協同組合) 農産指導課 小野雅彦
     大分県(大分県農産物検査協会 部長 後藤文秀

JAグループ農産物検査協議会活動
  • そばの検査員育成研修の実施
     全国JA農産物検査協議会

全集連コーナー
  • 北海道の農産物検査の現状と課題
     北海道農産物集荷協同組合 調査役 伊藤正吉

穀検コーナー
  • 第6回全国外国産農産物鑑定競技会の開催
     一般財団法人 日本穀物検定協会 本部検査グループ

業界だより
  • 倉庫保管中に、米麦が品質変化を起こす3つの要因とは何か
     農業倉庫基金 技術参与 森谷昌道
  • 平成24年産米の品質と農産物検査─胴割粒の多発に思う
     一般社団法人 日本精米工業会 理事・技術統括部長 向井敏彦
  • アメリカの精米工場等を視察して
     (株)ケツト科学研究所 技術部 渉外担当チーフ 江原崇光

話題
  • アグリビジネス創出フェア開く =農水省ほか=
  • 山形県産「つや姫」全国販売に先駆けPR のスタートイベント開催
     =山形つや姫ブランド化戦略推進本部=
  • 宮城の新米をPR =JA全農みやぎ=
  • 水稲登熟期の高温障害を遺伝子レベルで解明 =農研機構・中央農総研究センター等=
  • 【製品情報】光選別機「ピカ選」シリーズに農家・米穀店向け「ミニ」発売 =サタケ=

資料・データ
  • 平成24年産4麦の収穫量─全国の小麦収穫量、前年産に比べて15%増加
     農林水産省 大臣官房統計部 普通作物統計班
  • 平成25年産米の都道府県別生産数量目標
     農林水産省生産局 農産部穀物課水田農業対策室

グラビア
  • 24 年産米検査(10月31日現在)―1等比率は79.1%、前年同期比3.2ポイント減


日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666