農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、わが国唯一の農産物検査に関する専門誌です。
 米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の農政事務所(旧・食糧事務所)の職員、検査士、登録検査機関の農産物検査員、農協・県連・全国連の担当職員、農業改良普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査は平成18年4月より完全民営化されましたが、農産物をめぐる状況が大きな転換期を迎えている今、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。
 本誌は、食糧行政に長く携わってこられたベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。
 是非、ご購読下さい。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6月・9月・12月・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  184号(2012年9月) 主な内容

巻頭言
  • より一層の的確な品位検査を
     一般社団法人 日本精米工業会 会長 木村良

特集
  • 米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針(平成24年7月 農林水産省)
     農林水産省生産局 農産部 農産企画課

解説
  • 平成24年産米穀の検査留意事項
     農林水産省生産局 穀物課 農産物検査班
  • 「だったんそば」の農産物検査規格設定
     農林水産省生産局 穀物課 農産物検査班
  • 「米のカビ汚染防止のための管理ガイドライン」の策定
     農林水産省 消費・安全局 農産安全管理課 生産安全班
  • 平成24年産米の放射性物質検査等の取組み
     農林水産省生産局 農産部穀物課

JAグループ農産物検査協議会活動
  • 平成24年産米穀の検査にあたって
     全国JA農産物検査協議会事務局

全集連コーナー
  • 山形県の農産物検査の現状と課題
     山形県米穀集荷協同組合 総務部長 土田仁

JAトップに聞く
  • 岩手県 JAいわて花巻 代表理事組合長 高橋専太郎

研究情報
  • 水稲低アミロース米新品種「ほっかりん」の育成
     地方独立行政法人青森県産業技術センター 農林総合研究所・藤坂稲作部・研究員 今智穂美

地域・現場からの声
  • 24年産早期米栽培地域等8県の品質概況 〜初検査開始から8月下旬までの報告〜
     全農千葉県本部 米穀部 米穀課
     JA静岡経済連 食糧部 米穀課
     全農三重県本部 米穀部 米穀課
     全農徳島県本部 米穀部 米穀課
     全農愛媛県本部 食糧部 食糧生産課
     JA熊本経済連 米穀農産部 米穀課
     JA宮崎経済連 穀特産部 米穀特産課
     JA鹿児島経済連 農産事業部 米穀特産課
     JA熊本経済連 米穀農産部 米穀課

穀検コーナー
  • 食品の放射能検査
     一般財団法人 日本穀物検定協会 理事 平島和男
  • 第3回全国国内産農産物鑑定会の開催
     一般財団法人 日本穀物検定協会 本部検査グループ

業界だより
  • 「だったんそば」の農産物検査規格の新設 ─経緯と意義、そして期待─
     日本そばフォーラム代表(前日本蕎麦協会、元食糧庁検査課)齋藤孝夫

連載 アイホー炊飯総合研究所の米・ご飯複合検査技法
  • シリーズ4/ご飯の顔を見て米飯商品の特性が決まる
    ─売れる米飯商品には自然と個性がある。最近では育種の時から米飯商品に向いた品種が作られている─
     (株)アイホー炊飯総合研究所 取締役研究所長 平田孝一

農産物検査員育成研修報告
  • 昨年秋から今年にかけ埼玉県、富山県、高知県において開催
     一般財団法人 日本穀物検定協会

交流の広場
  • 全国新酒鑑評会をめぐる酒造好適米の話
     全集連 太田雅雄

資料・データ
  • 平成24年産麦の検査実績(速報値、24年7月31日現在) 表)
     農林水産省 生産局穀物課 農産物検査班
  • 平成23年産米の検査概況(平成24年1月末現在、速報値)
     農林水産省 生産局 穀物課 農産物検査班
  • 平成23年産そばの作付面積及び収穫量─そばの作付面積は前年産に比べ18%増加
     農林水産省 大臣官房統計部

話題
  • 外食産業向け展示会で国産米、国産小麦などをPR =全農、穀検、日清製粉=
  • 食品表示一元化検討会がJAS法・食品衛生法等の表示部分一元化にむけた報告書をまとめる
  • 放射性セシウムを含む玄米の認証標準物質を開発 =産総研・食総研=

グラビア
  • 24年産米の検査シーズン到来
  • 「だったんそば」の農産物検査規格を新設


日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3631 FAX:03(3233)3666