農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  157号(2005年12月) 内容

巻頭言
  • 消費者が望むお米とは(消費科学連合会 会長 大木美智子)
■特集■
  • 平成17年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在) について(農林水産省大臣官房統計部生産流通消費統計課)
  • 集荷円滑化対策事業による区分出荷の実施( (社)米穀安定供給確保支援機構 常務理事 前田 敏行)
  • 平成18年産米の全国及び都道府県別の生産目標数量(農林水産省 総合食料局 食糧部 計画課 係長 上田 和彦)
解説
  • 18年産国内麦に係る諸決定 (農林水産省 総合食料局 食糧部 食糧貿易課 係長 行本 則夫)
  • 平成18年産民間流通麦の入札 (農林水産省 総合食料局 食糧部 食糧貿易課 渡邉 宏繁)
  • 18年産大豆の交付金単価等の決定 (農林水産省 生産局 農産振興課)
人物往来
  • (財)全国米穀取引・価格形成センター 会長 田原 文夫
この人紹介     
  • 農林水産省 総合食料局 次長 内藤邦男
グラビアページ
  • 17年産米の検査順調に進む
  • 東京駅で 「ふるさとのお米2005」キャンペーン = JA 全中
  • 深川政府倉庫内で小学生がお米の収穫体験
  • 第44回農林水産祭 「実りのフェスティバル」開催
霞ヶ関通信
農産物検査班から
検査協会だより


検査民営化シリーズ
  • 登録検査機関の登録状況と検査の実施状況 (農林水産省 総合食料局 消費流通課)
  • JA グループにおける農産物検査完全民営化後の対応(全国 JA 農産物検査協議会)
  • JA えちご上越における鑑定技術向上策(JA えちご上越 営農生活部 農産物検査課 課長補佐 佐藤清)
  • 登録検査機関に対する現場指導について(東北農政局食糧部 消費流通課 検査技術指導官 阿部天)
  • 米穀流通業者から見た JA 等の民営検査業務( 大阪第一食糧 常務取締役 市丸 勝一)
検査機器情報
  • 最近の穀粒判別技術と機器開発 (その2) ( ケツト科学研究所 技術部 基礎研究室 担当チーフ 渡辺 利通)
資料・データシリーズ
    
  • 平成17年産米の検査概況(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課 )

話題あれこれ
  • 着検コーナー OMIC の積地における米穀検査状況 (ベトナム) (海外貨物検査 食糧部 田中健司) 
  • 穀類に着生するカビ類等について A ((財)日本穀物検定協会 中央研究所 主幹 法月廣子)
  • 日本銀行券の検査と機械化 ((独)国立印刷局 セキュリティ製品事業部) 
研究情報
  • 利用が広がる有色米の新品種 (東北農業研究センター 稲育種研究室長 山口 誠之)
業界だより
  • 米飯品質から見た精米加工についての考え方((社)日本精米工業会 常務理事 山縣一郎)

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3633