農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  156号(2005年9月) 内容

巻頭言
  • JAグループ米穀事業をめぐる課題について(全国農業協同組合連合会 常務理事 米本 博一)
■特集■
  • 平成18年度主要食糧(米・麦)関係予算概算要求の概要(農林水産省 総合食料局 総務課 課長補佐 吉本俊彦)
  • 平成17年産米の検査について(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課)
解説
  • 「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」(平成17年7月農林水産省)について(農林水産省 総合食料局 食糧部 計画課 企画係長 田口将之)
グラビアページ
  • 平成17年産米の初検査・初出荷
  • 「JA-RICE」を香港へも輸出
  • 日米連が優良米穀小売店全国コンクール表彰式を開催
霞ヶ関通信
農産物検査班から
検査協会だより


検査民営化シリーズ
  • わがJAにおける鑑定技術向上策(岩手県 JAきたかみ 二子支店 営農経済課 調査役 千田京悦/栃木県 JA はが野 営農部 副調査役 古橋達夫/滋賀県 JA 湖東 営農販売課 係長 鯰江康弘/鹿児島県 JA 鹿児島いずみ 簗瀬千年) 
検査機器情報
  • 最近の穀粒判別技術と機器開発 ( ケツト科学研究所 技術部 基礎研究室 担当チーフ 渡辺 利通)
資料・データシリーズ
    
  • 平成17年産麦の概況(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課)
  • 平成16年度外国産農産物の検査結果について(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課)
  • 平成16年産主食用うるち米の指標価格の推移((財)全国米穀取引・価格形成センター)
話題あれこれ
  • 着検コーナー OMIC の積地における米穀検査状況(タイ)(海外貨物検査 叶H糧部 山口究)
  • 穀類に着生するカビ類等について@(日本穀物検定協会 中央研究所 主幹 法月廣子)
研究情報

 
  • 登熟期における胴割れ米の発生と気象の影響(東北農業研究センター 水田利用部 栽培生理研究室 主任研究官 長田健二)
    業界だより
     
  • 糊化粘度特性に基づく米の利用適性評価装置の開発(独立行政法人 食品総合研究所食品素材部長 大坪研一)
    JAコーナー
     
  • 香港での「JA-RICE」販売
    地域からの声 
    • 山梨の検査の現状について(関東農政局山梨農政事務所 食糧部消費流通課長 小林清一)
         
    • JA ごとうの農産物検査業務遂行状況について(長崎県 JA ごとう 農産物検査員 川口毅)
         
    • 宮崎県における民営検査の課題(宮崎県主食集荷協同組合 専務理事 平木和幸)
         
    • 平成17年産早場米の品質概況 千葉県/三重県/高知県/宮崎県/鹿児島県

  • 日本農民新聞社
    東京都千代田区神田司町2-21
    E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3633