農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)

  153号(2004年12月) 内容

巻頭言
  • 地域水田農業ビジョンの実践強化(全国農業協同組合中央会副会長 水田農業対策本部委員会委員長 花元克巳)

■特集■
  • 「新たな基本計画に向けた中間論点整理(米政策関連を中心に)」(農林水産省 大臣官房企画評価課 企画官 小坂伸行)
  • 「平成16年産水稲の作付面積及び収穫量」(農林水産省 大臣官房統計部 生産流通消費統計課)
  • 「米価の下落を防止するため集荷円滑化対策に取り組もう」((社)米穀安定供給確保支援機構 集荷円滑化対策事業担当常務理事 前田敏行)


解説
  • 麦作経営安定資金の見直し等の概要(農林水産省 総合食料局 食糧部 食糧貿易課 麦価第一係長 行本則夫)
  • 17年産大豆の交付金単価等の決定について(農林水産省 生産局 農産振興課)
人物往来
  • (財)全国米穀取引・価格形成センター 会長 熊澤英昭
グラビアページ
  • 新潟県中越地震
  • 世界イネ研究会議(東京シンポジウム)
  • JA全中が「ふるさとのお米2004」キャンペーン
  • 命名登録された新品種
  • 農林水産省が平成16年産銘柄米を特別調査
霞ヶ関通信
農産物検査班から
検査協会だより/メール広場
検査官・検査員の花嫁さん花婿さん


業界ニュース

検査民営化シリーズ

  • 登録検査機関の登録状況と検査の実施状況(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課
  • JAグループ検査民営化の取り組み(全国JA農産物検査協議会)
  • 農産物検査への提言と課題(1)(全農パールライス東日本鞄結梹x店 支店長 安藤繁)
  • 農産物検査への提言と課題(2)(葛梹R 業務部 部長代理 中村公一
寄稿

●農産物検査に想う●
  米の公・公営検査百年と民営検査の行方(轄iェ食糧 会長 齋藤正夫)
地域からの声

民営化検査の取り組み状況(大分農政事務所 地域第3課長 森崎満広
平成16年産早場米の品質概況 千葉県/三重県/高知県/鹿児島県/宮崎県
話題あれこれ
  • 米流通の現状と課題(潟Oレイン・エス・ピー 代表取締役 八木俊明)
  • 夢の直路(大分農政事務所 地域第3課長 森崎満広)
技術情報
  • 売れる米作りのための機械化新技術(1)(且R本製作所 農機施設事業部 参事 結城信義)
  • 売れる米作りのための機械化新技術(2)(セイレイ工業滑J発本部設計Cグループ 山中健史)
業界だより
  • 穀検の「米情報提供システムについて」((財)日本穀物検定協会 業務部 業務課長 河村良雄)
資料・データシリーズ
  • 平成16年産米の検査概況(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課)
  • 平成16年産主食用うるち米の指標価格の推移((財)全国米穀取引・価格形成センター)

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3633