農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 90頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)
表紙

  149号(2003年12月) 内容

巻頭言
  • ビジョンづくり(東京大学 教授 生源寺 眞一)
■特集■
  • 今年の冷夏による米の作柄への影響とその対策について(農林水産省 総合食料局 食糧部 計画課)
  • JAグループの15年産米の集荷・安定供給対策の取組み(JA全農 米穀販売部 集荷対策グループ)
解説
  • JAグループの米事業改革について(JA全農 米穀総合対策部 米穀企画グループ)
  • 食の安全と検査技術の重要性((独)農林水産消費技術センター 理事長 池戸 重信)
  • 16年産麦の政府買入価格と諸対策の決定について(農林水産省 総合食料局 食糧部 食糧貿易課 麦類価格班 麦価第一係長 行本 則夫)
  • 16年産大豆の交付金単価等の決定について(農林水産省 生産局 農産振興課 課長補佐(交付金班担当) 熊木 明廣)
人物往来
  • 全国精麦工業協同組合連合会 会長 長澤 利久 氏に聞く
グラビアページ
  • 10年来の米の不作と対策会議
  • 農水省が新米の品質表示を特別調査
  • 命名登録された新品種(平成15年度第1回分)
  • 新しいタイプの米・小麦等を食材とした「ブランド・ニッポン試食会」を開催
霞ヶ関通信
農産物検査班から
検査協会だより
業界ニュース
地域からの声
検査官・検査員の花嫁さん花婿さん


検査民営化シリーズ
  • 登録検査機関の登録状況と検査の実施状況(平成15年10月末現在)(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課 農産物検査班)
  • JAなすのの農産物検査と取組みと課題について(JAなすの 営農部 検査課 課長 磯 元一郎)
検査技術講座
  • 米の入庫検定を巡る状況 ((財)日本穀物検定協会 参与 外山 正昭)
研究情報
  • 製麺適性の優れる早生・短稈小麦新品種「ふくさやか」( 近畿中国四国農業研究センター 作物開発部 小麦育種研究室長 石川直幸)
業界だより
  • サイロでの庫外投薬器を用いたリン化アルミニウムくん蒸試験(海外貨物検査梶iOMIC) 技術部長 春日井 治)
  • 進むDNA鑑定 〔1〕((財)日本穀物検定協会 中央研究所 研究開発グループ 大島 慎司)
  • 進むDNA鑑定 〔2〕((株)三菱化学ビーシーエル 遺伝子検査部 遺伝子検査部長 山森 俊治)
資料・データシリーズ
  • 平成15年産米の検査概況(平成15年10月末日現在)(農林水産省 総合食料局 食糧部 消費流通課 農産物検査班)
  • 平成15年産自主流通米の指標価格の推移(平成15年8月〜10月分)((財)自主流通米価格形成センター)

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3633