農産物検査とくほん

190号(2014年3月)

189号(2013年12月)

188号(2013年9月)

187号(2013年6月)

186号(2013年3月)

185号(2012年12月)

184号(2012年9月)

183号(2012年6月)

182号(2012年3月)

181号(2011年12月)

180号(2011年9月)

179号(2011年6月)

178号(2011年3月)

177号(2010年12月)

176号(2010年9月)

175号(2010年6月)

174号(2010年3月)

173号(2009年12月)

172号(2009年9月)

171号(2009年6月)

170号(2009年3月)

169号(2008年12月)

168号(2008年9月)

167号(2008年6月)

166号(2008年3月)

165号(2007年12月)

164号(2007年9月)

163号(2007年6月)

162号(2007年3月)

161号(2006年12月)

160号(2006年9月)

159号(2006年6月)

158号(2006年3月)

157号(2005年12月)

156号(2005年9月)

155号(2005年6月)

154号(2005年3月)

153号(2004年12月)

152号(2004年9月)

151号(2004年6月)

150号(2004年3月)

149号(2003年12月)

148号(2003年9月)

147号(2003年6月)

146号(2003年3月)

145号(2002年12月)

144号(2002年9月)

143号(2002年6月)

142号(2002年3月)

141号(2001年12月)

140号(2001年9月)

139号(2001年6月)

お問合せ
購読申込書 [PDF]
HOME アグリ・リサーチ 日本農民新聞 施設と園芸
 『農産物検査とくほん』は、(財)全国瑞穂食糧検査協会が編集、日本農民新聞社が発行している、農産物検査に関する専門誌としてはわが国唯一の雑誌です。さらに、米・麦・大豆などの生産から集荷・流通・販売まで、広く食糧情勢全般に関わる話題も精力的に取り上げており、全国の食糧事務所の農産物検査官・検査士、民間検査機関の検査員、農協・県連・全国連の担当職員、普及センター、米穀の集荷・卸・小売等流通販売業者、製粉業者、米麦関連団体、関連機器資材メーカーなどでお読みいただいております。
 農産物検査をめぐる状況が大きな転換期にあるなか、食糧全般や、農産物検査業務に関わる情勢を的確に把握するには、より専門的な視点からの情報が必要となります。『農産物検査とくほん』は、食糧行政に長く関わったベテランの方々に編集委員をお願いし、時代の変化に即した豊富な情報を提供しております。

編 集:(財)全国瑞穂食糧検査協会
発 行:日本農民新聞社
体 裁:B5判 約 110頁
    季刊(6・9・12・3月発行)
購読料:1冊定価 500円(税込・送料実費)
表紙

  148号(2003年9月) 内容

巻頭インタビュー
  • 新たな地平での食料行政の方向 総合食料局長 須賀田 菊仁氏に聞く
■特集■ 検査を支える新体制と予算
  • 食糧行政に携わる幹部紹介 ― 武本 俊彦食糧部長、今城 健晴計画課長、紺野 邦昭消費流通課長、高本 正樹食糧貿易課長
  • 食糧行政組織の再編 ―食糧庁組織の廃止に関わって―
     (農林水産省総合食料局総務課管理官 満留 幸男)
  • 米改革関連予算の概要 ―概算要求に当たって―
     (農林水産省 食糧部計画課総括係長 渡邉 泰輔)
解説
  • 平成15年産米の検査対応
     (農林水産省総合食料局食糧部農産物検査班)
  • 食の安全・安心のための政策大綱について
     (農林水産省 消費・安全局消費・安全政策課 企画官 宮本 亮)
  • 「食育」の推進について
     (農林水産省 消費・安全局 消費者情報官付食育推進班食育推進係長 大島 巌)
シリーズ検査民営化
  • 最近のJAグループ検査民営化の状況―「全国JA農産物検査協議会」設立―
     (JA全農 米穀販売部集荷対策グループ技術主管 保坂 潔)
  • JA農産物検査員の研修会開催にあたって
     (JA全農 三重県本部 米穀部 米穀課 中村 惠明)
  • 奈良県における検査民営化の取組み
     (奈良県農政事務所 所長 長冨 隆士)
  • 民間検査員からの声
検査機器情報
  • 穀粒判別器への期待
     ((財)全国瑞穂食糧検査協会 常務理事 穴井 貞義)
人物往来
  • 海外貨物検査株式会社(OMIC)代表取締役 島本 幸典 氏
グラビアページ
  • 平成15年産米の初検査・初出荷
  • 東京駅に44県70産地銘柄のパネル ―JA 全中がふるさとのお米だより2003を開催―
  • 上々の評価を得た米粉パン試食会
霞が関通信
農産物検査班から
地域からの声
検査協会だより
業界ニュース
書評
検査官・検査員の花嫁さん花婿さん
研究情報
  • 健康機能性の高いリグナンを多く含んだ ごま品種「ごまぞう」の育成
     ((独)農研機構 作物研究所 畑作物研究部資源作物育種研究室長 勝田 真澄)
  • 自主流通米の「価格と流通」を振り返る―今後の米流通に向けて―
     (農林水産政策研究所 評価・食料政策部フードシステム研究室長 薬師寺 哲郎)
業界だより
  • 紙袋をめぐる諸情勢と今後の方向
     (全国穀用紙袋協会専務理事 樋口 征夫)
  • 高知県における無洗米の学校給食への導入
     ((財)高知県学校給食会 事務局長 前田 実)
資料・データシリーズ
  • 平成15年産麦の概況(平成15年7月末日現在)
     (農林水産省総合食料局食糧部農産物検査班)
  • 平成14年度外国産農産物の検査結果
     (農林水産省総合食料局食糧部農産物検査班)
  • 平成14年産自主流通米の指標価格の推移(通年)
     ((財)自主流通米価格形成センター)

日本農民新聞社
東京都千代田区神田司町2-21
E-mail:info@agripress.co.jp TEL:03(3233)3633