新 訂
 園芸用被覆資材


 発行:園芸情報センター

 監修:日本施設園芸協会
    21世紀施設園芸研究会

 体裁:A5判180頁

 定価:3085円
 (本体2857円・税228円)
  送料実費
 
 但し10冊以上は、定価の
    1割引、送料当方負担


購読申込書 [PDF]
日本施設園芸協会へ 園芸情報センターへ
 園芸用被覆資材は、従来にない機能を持った新製品が数多く上市されるとともに、長期展張用フィルムの開発や、マルチ栽培への生分解性プラスチックの実用化など、被覆資材の種類・利用場面も広まっています。
 そこで平成8年に刊行した「施設園芸用被覆資材」の内容を見直し、最新情報を盛り込んで、「新訂 園芸用被覆資材」として刊行しました。
 被覆資材を上手に利用して、安心・安全な農産物を生産するために、是非、本書を有効にご活用下さい。


  新訂 園芸用被覆資材 掲載内容

第1章 被覆資材の発達と種類・特性
 1.被覆資材の発達
  • 油紙/ガラス/プラスチック/被覆資材の多様化と資材の開発
 2.被覆資材の種類と特性
  • 農業用塩化ビニルフィルム=農ビ(一般農ビ・有滴農ビ/防霧農ビ/防塵農ビ・耐久農ビ/光線選択性農ビ〔着色農ビ、紫外線カット農ビ、紫外線強調農ビ〕/保温性強化農ビ/作業性改良農ビ/内張専用農ビ/その他)
  • 農業用ポリオレフィン系フィルム(農ポリ=透明マルチ/黒マルチ/着色マルチ/配色マルチ/反射マルチ/害虫忌避マルチ/穴開けマルチ/崩壊性マルチ、農サクビ、農PO=ハウス外張り/ハウス内カーテン/トンネル)
  • 農業用ポリエステルフィルム
  • 農業用フッ素フィルム
  • 硬質板
  • ガラス
  • 通気・透湿性資材(不織布、寒冷紗)
  • 遮光・防虫・防鳥ネット
 3.被覆資材取扱上の留意点
  • 施工上の留意点(保管上・施工前/外張り被覆資材/内張り被覆資材)  
  • 保守管理上の留意点(外張り被覆資材/内張被覆資材)     
  • 被覆資材の止め具・止め方(軟質フィルム/硬質フィルム)
 4.使用済み被覆資材のリサイクル・処理
  • 農業へのプラスチック利用と排出量     
  • 農業用プラスチックの処理方法別処理量
  • 園芸用使用済プラスチック適正処理基本方針
  • 処理技術と回収処理・経費徴収システム  
  • 廃棄物処理の規制強化  
  • 適正処理の現状と今後の課題
第2章 被覆資材を利用した作物栽培
 1.野菜栽培と被覆資材
  • 被覆の目的
  • 被覆による野菜の生育反応(光環境/温度環境/湿度環境/二酸化炭素・土壌水分・雨)
  • 今後の被覆資材に求められる機能
 2.花き栽培と被覆資材
  • 光質に対する花きの反応(紫外線カット資材/可視光制御資材/遠赤外線抑制資材)
  • 遮光(目的と実際/コンピュータ制御/遮光下での生育反応/遮光幕の特性)
  • 短日処理     
  • 断熱被覆資材     
  • 散光性資材     
  • 反射フィルムなどの利用
 3.果樹栽培と被覆資材
  • 生育環境条件(光環境/温度環境/水分環境/炭酸ガス環境)
  • 二期作による施設の有効利用と周年栽培(1年二回収穫への取り組み/ブドウの二期作栽培の要点/果樹の周年栽培に向けて)
第3章 新しい被覆資材の開発と利用
 1.光環境調節資材
  • 遮熱資材(赤外線反射(透明)資材/赤外線吸収資材/クロミックフィルム)
  • 生育調節資材(R/FR比調節資材/その他の生育調節資材)
 2.湿度環境調節資材
  • 透湿性資材
  • 吸湿性資材
  • 防霧性資材
 3.病害虫忌避資材
  • 総合防除の方法
  • 紫外線除去(UVC)フィルムの病害減少メカニズム
  • UVCフィルムの虫害回避メカニズム     
  • UVCフィルムの生育への影響     
  • UVCフィルムによる作物の異常症状     
  • UVCフィルムの減農薬効果     
  • UVCフィルムの種類     
  • その他の資材
 4.生分解性プラスチック
  • 生分解性プラスチックの特徴と種類
  • 主な生分解性樹脂の特性(ポリ乳酸/ポリカプロラクトン系樹脂/ポリブチレンサクシネート系樹脂)
  • 生分解性プラスチック資材の利活用方法(マルチフィルム/その他の生分解性被覆資材)     
  • 農業への更なる利用拡大に向けて
 5.今後の被覆資材の課題と展望
  • 被覆資材開発の課題と問題点(作物生育環境に関する特性・機能/展張期間/作業性/耐候性/使用済み廃棄処理/経済性)

 園芸用被覆資材のメーカー別製品一覧

執筆者
  • 新井和夫(MKVプラテック渇c業部技術顧問)/魚本年春(日本ワイドクロス滑ヌ理部長)/江上正之(みかど化工且謦役製品開発部長)/江口義昌(旭硝子グリーンテック 営業本部長補佐)/大林厚(MKVプラテック叶カ産技術部技術企画グループGM)/岡昌二(元埼玉県園芸試験場専門技術員)/小寺孝治(東京都農業試験場園芸部主任研究員)/佐渡紀代美(ユニチカ潟Xパンボンド東京営業部農業グループ長)/佐藤仁((社)日本施設園芸協会技術部長)/島地英夫((独法)農業・生物系特定産業技術研究機構花き研究所栽培システム研究室長)/須藤憲一((独法)農業・生物系特定産業技術研究機構花き研究所生産利用部長)/高市益行((独法)農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所栽培システム研究室長)/東出忠桐((独法)農業・生物系特定産業技術研究機構近畿中国四国農業研究センター主任研究官)/本絛均(宇都宮大学農学部教授)/松山眞三(タキロン滑ツ境資材事業部企画部長)/茂木実時(東都興業渇c業部長)(50音順、役職は執筆当時


園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634