日本農民新聞社トップページロゴ
事業案内日本農民新聞日刊アグリ・リサーチ出版物案内園芸情報センター


『日本農民新聞』の源流(1)
< 有馬頼寧氏の題字と織井斉氏の回想 >
『日本農民新聞』題字  『日本農民新聞』は、1952年(昭和27年)の11月に、隅山四朗(初代社長)、堀井市松(2代社長)ら、農業・農民問題に関心を持つ有志によって創刊されました。戦後に断行された農地改革と諸制度制定によって切り拓かれた新しいステージで、農民の地位向上のために情報活動を通じて貢献しようという志によるものでした。
 発刊に当たって新聞の題字を格調高い文字で書いて贈られたのが有馬頼寧氏(旧伯爵)でした。貴族院議員、農林大臣、産組中央会会頭、農林中央金庫理事長などを閲歴し、農村更生運動に力を注ぐなど、農民の地位向上に深い関心と情熱を持ち続けた有馬氏は、創業者たちの志を評価し暖かく支援する気持ちを示されたのでした。有馬氏はまた中央競馬会理事長も勤め、その功績は今日も「有馬記念」として広く国民に親しまれております。
 有馬氏の揮毫そのままの初期の題字と現在の題字を比較すると、文字の形やバックの絵柄に歪みやかすれが見られます。長い活版印刷の時代を通じて1枚の鉛版から紙型をとり続けた結果の変化であり、まさに『日本農民新聞』の歴史が刻み込まれた題字といえます。
 『日本農民新聞』の創刊された当時の事情を、後に全購連・全農の役員として大きなリーダーシップを発揮された織井斉氏が次のように証言しています(本紙2000号によせて)。
 《『日本農民新聞』は、戦争直後にわれわれが全購連を再建して以来、常にわれわれの仕事の熱心な応援団として力を尽くしてくれた。あれは西沢文雄氏が東京支所長で私がその下にいた時だった。既存の新聞では資材購買事業の役に立たないので、新たな新聞を育てようということになった。隅山、堀井両氏を呼んで「どうだい」と言ったら「やりましょう」ということになった経過がある。》
 新しい農協法に基づいて歩み始めていた「農協」の事業・運動の発展に軸足を置いて「創刊の志」を実現していく基本方向が固められ、その後、農林行政との連携を重視しつつ農協中央機関と県、農協段階との事業面での情報交流を図る取組みが、本紙の基軸となったのでした。
 発刊に当たって、第3種郵便の認可は、農業団体の揺籃となった農業復興会議(隅山が関与していた)の機関紙から引き継がれたことから、認可日は日本農民新聞発刊より4年遡った日付になっています。