No185 2019春号
 施設と園芸 最新号の主な内容
巻頭言 施設園芸の脱石油・低炭素化に向けて
特  集 脱石油・低炭素化技術の最新の動向
施設園芸における脱石油・バイオマス利用技術の課題と展望
中小規模施設園芸における木質燃料の導入事例と活用の留意点
次世代事業大規模拠点における木質資源・再生可能エネルギー利用の取組
ハウスの保温性向上のためのナノファイバー断熱資材の活用技術
愛知県田原市における施設園芸の高度化・低炭素化技術の取り組み
再生エネルギーを活用した化石燃料ゼロでのイチゴ栽培実現に向けた取組
施設園芸への有機質廃棄物メタン発酵ガス化発電と消化液の利用技術
技術情報 少量培地耕に適した植物重量モニタリング式給液制御システム
高糖度ミニトマトの成長点や果実近傍の局所加温による生産性向上
植物栽培で必要な光合成の基礎知識
詳しい内容はこちら     購読申込はこちら(pdf)
出版物案内
イベント案内
  お知らせ
2019 5.20 8月7日・8日に旭市で第65回施設園芸新技術セミナー・機器資材展in千葉 開催
2019 5.19 7月17日・18日開催 第64回全国野菜園芸技術研究会熊本大会
2019 4.25 施設と園芸No.185「脱石油・低炭素化技術の最新の動向」を発行しました。
2019 1.25 施設と園芸No.184「施設園芸のの省力化・自動化技術」を発行しました。
2018 10.25 施設と園芸No.183「花き施設園芸における新技術を発行しました。
2018 7.25 施設と園芸No.182「施設園芸のクラウドサービスとAI、IoT」を発行しました。
| 施設と園芸 | 施設園芸ハンドブック | 園芸用被覆資材 | 日本農民新聞社 HOME |
| 全国野菜園芸技術研究会 | 農業用生分解性資材研究会 |

園芸情報センター
東京都千代田区神田司町2-21 日本農民新聞社内
E-mail:
engei@agripress.co.jp TEL:03(3233)3634

板木利隆 著
 
施設園芸・野菜の技術展望
 半世紀のあゆみ これからの展開

野菜園芸研究の第一人者である板木利隆氏が千葉大学、神奈川園芸試験場、JA全農営農技術センターの仕事を通じて培った野菜栽培研究の集大成した一冊。
日本の野菜園芸、とりわけ施設園芸が抱える諸問題をとりあげ、解説し、これからの技術を展望する。

A5判 182頁 定価1337円(本体1238円+税)
詳しい内容と購読申し込みは、こちらの案内をご覧下さい(pdf)

農業ICTの標準化動向と今後
第64回 全国野菜園芸技術研究会熊本大会
2019年7月17日〜18日 くまもと森都心プラザ
第65回施設園芸新技術セミナー・機器資材展in千葉
2019年8月7日〜8日 千葉県・東総文化会館